横山大観と「生々流転」

スポンサードリンク

横山大観は、富士山や紅葉、龍、朝日、梅花、鶴、猫などの絵画や屏風、掛け軸も多くあり、見ごたえがある絵が多いですが、何といっても代表作は重要文化財の「生々流転」でしょうね。
歴史上として水墨画の傑作でしょう。美の巨人たちという美術番組で、巻物すべて広げた様子は圧巻でした。
番組と言えばなんでも鑑定団の鑑定士だった故渡邊先生は、大観の弟子でしたね。

横山大観と鑑定

日本橋三越などで販売されているような複製画やリトグラフとしても人気のある絵画です。
ただ人気画家ですから、原画の偽物も多いことは想像に難くありませんね。
鑑定は上野にある記念館など信頼できるところで見てもらうことが一番でしょうね。なにやら横山美代子鑑定シールというのがポイントみたいです。

横山大観と展覧会

先日は六本木の国立新美術館で大回顧展があり、予想通りの盛況振りでした。
東京国立博物館所蔵の「無我」という作品を初めてみた時は、感激しました。予想よりも大きい作品なんですよね。
あと有名作品としては、ローマ展出品作品であり現在、大倉集古館所蔵の「夜桜」も有名です。
厳島神社所蔵の「屈原」も新国立美術館の回顧展ではじめてみましたが素晴らしいです。横長の作品でこれまたとても大きなものです。
そのほか「那智の滝」「山路」、「陶淵明」、下村観山との合作「明暗」も好きですね。三越や大丸ミュージアムなどで横山大観展が2,3年に一度は開かれるといっても過言ではないほど展覧会も多いです。
多く所蔵している美術館として知られているのは足立美術館です。また回顧展をやって欲しいですね。
大観はいまだしばしば未発表作品として初公開されることも多い画家でもあります。埼玉県立近代美術館で複数作品が寄贈されたりしました。
またグッズも気になるところで、ジグソーパズルやカレンダー、パソコンの壁紙などは人気ありそうですね。 大観はこういうセリフを残しました。「戦うよ、戦うよ。野心の為ではなく、たとい一作でもいいから、本当の芸術を残して、死にたいよ」。本当の芸術とは何か、それは永遠のテーマですよね。
ちなみに同姓同名で彫刻家がいるんですよ。知っていましたか?アトリエを練馬区に構えていて、現代彫刻家として活躍なさっているそうです。

スポンサードリンク

横山大観について

横山大観は茨城県水戸市出身で、東京美術学校の第一期生であり、またその校長であった岡倉天心と菱田春草らとともに、日本美術院を設立して、日本画の発展に寄与しました。西の竹内栖鳳、東の横山大観とまで言われるほどの時代を築きました。